頬のかゆみ 肌ケア

MENU

頬の痒みにお困りの方へ

■頬がかゆくなる原因とは

 

季節の変わり目や冬場に、特に多く見られる頬のかゆみ。

 

頬だけでなく、顔全体がかゆくなってしまうことも多いものですが、赤みを伴うような炎症を起こしたかゆみは、皮膚が薄くなっていることが原因で起こります。

 

お肌の免疫自体が落ちてしまっているので、炎症を起こすばかりか、ニキビや肌荒れの原因になることもあります。

 

皮膚が薄くなってしまった分、外からの刺激にも弱くなっているので、冬の気温の低下や乾燥が、さらに症状を悪化させてしまうこともあります。

 

また、髪の毛が頬に触り刺激を与えることにより、かゆくなることもあります。この場合は、元々肌がデリケートだったり、植物の花粉により肌刺激を受けていたことに加え、髪の毛の刺激が加わったりと、単独の原因ではないこともあります。

 

また、寝不足や偏った食事などで、肌細胞が活発さを失った結果、肌が乾燥しバリア機能が低下。そのことが原因で頬がかゆくなってしまう事もあります。

 

このように、頬がかゆくなる原因はいろいろあって、一つに絞ることはできませんが、いずれにしても「肌の乾燥」「肌のターンオーバー周期の乱れ」「肌への刺激が多い」ことにより、肌のバリア機能が低下していることが共通した大きな原因となっています。

 

■お肌の潤いをキ−プすることが大切

 

皮膚が薄くなってしまっている時は、お肌の潤いをキープして、肌の免疫力や新陳代謝を高めてあげることが大切です。

 

顔がかゆい、ヒリヒリするといった症状は、お肌がとても敏感になっている証拠でもあります。ちょっとした刺激でも、肌荒れを起こしやすくなってしまっていますから、正しい方法でしっかりとケアすることが大切なのです。

 

まずは保湿を行い、角質層のキメを整える事。そのことでバリア機能が高まり、ちょっとした刺激くらいでは肌が反応しなくなってきます。こうした良いスパイラルが肌に生まれると、自然とかゆみなどもなくなってきます。

 

■スキンケア商品を見直すこと

 

お使いのスキンケア商品が、今のお肌の状態に合っているとは限りません。むしろかゆくなってしまったという事はあってない可能性の方が高いです。

 

ですから基礎化粧品をまずは見直してみるのも一つの手です。

 

敏感になっている時だからこそ、低刺激でお肌に優しいものを取り入れましょう。

 

また、刺激成分が含まれておらず、お肌に潤いとハリを与えてくれる有効な成分が配合されているスキンケア商品なら、なおいいでしょう。さらに保湿力が高いものがオススメです。特にセラミドやコラーゲンなど、お肌の潤いを保つ成分に注目し、毎日のお手入れに役立ててください。

 

ポイントは「低刺激」とバリア機能を整える作用がある「セラミド」を配合しているかどうかです。

 

この2つにポイントを絞って、今後は基礎化粧品を選ぶようにしてください。

 

【関連記事】

肌のバリア機能を高める基礎化粧品|オススメベスト3