冬 顔 かゆくなる

MENU

冬に顔がかゆくなる方へ

■つらい冬の顔のかゆみ

 

冬になると、顔がかゆくてつらい。。。そんな方が増えています。

 

なぜなのでしょうか?

 

■冬の顔のかゆみ|その原因とは?

 

体は服を着る事でカバーすることができますが、顔はそうはいきません。どんなに寒くても顔はむき出しになっていますので、顔は外気の影響をもろに受ける場所です。

 

もちろん、顔は体に比べて気温差に耐えられるようになってはいますが、肌の保湿力が低下していたり、生活習慣の乱れ等で、肌のバリア機能が低下していると、乾燥した冬の空気が肌を乾燥させてしまいます。

 

肌が乾燥すると、外部の刺激物(花粉やPM2.5、塵、紫外線など)が肌の内部に侵入しやすくなります。

 

すると、皮膚内部の神経を刺激し、かゆみとなって感じられるのです。

 

■対策は?

 

肌の保水力を高め、バリア機能を高める事が効果的です。

 

そのためには、肌表面にある角質層を整える事が必要です。効果的な成分は、角質層間脂質で最も大きな割合を占める「セラミド」

 

セラミドを肌に与える事で、角質層が整い、外部の刺激成分をブロックすることができます。

 

すると神経を刺激するものがなくなり、かゆみを抑えることができるのです。

 

もし、今現在、かゆみを抱えている方は、肌が敏感になっていますので、敏感肌向けの基礎化粧品を使う事も大切です。

 

【関連記事】

人型セラミド配合|敏感肌でも使える基礎化粧品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬場のかゆみは乾燥が原因
冬に顔がかゆい、つっぱるといった症状は、お肌の水分量が低下して乾燥していることが主な原因となっています。潤いがしっかりと保たれているお肌は、外的な刺激にも耐えられるくらい強いものですので、空気が乾燥している冬場でも、そうそうトラブルに見舞われることはありません。ですが、多くの方は空気が乾燥していることで潤いが逃げやすくなっている弱いお肌ですので、かゆみなどといったトラブルに見舞われてしまうのです。
冬に乾燥する原因は…
季節の中でも、冬は特にお肌の乾燥がひどくなる時期です。原因は、冬の寒さと空気が乾燥していることがほとんどです。気温が低くなることで、お肌はダメージを受けやすくなります。さらに寒さで血行が悪くなることで、お肌の機能が低下してしまうため、肌トラブルを起こしやすくなることもあります。
冬場に適したお肌のお手入れ方法
一年を通してお肌のお手入れは欠かせませんが、冬場は他の季節以上に保水と保湿を心がけましょう。空気の乾燥によって、お肌の潤いも逃げやすくなってしまうからです。お肌の潤いが逃げてしまうと、外的な刺激を受けやすくなりますので、冬はいつも以上に保水をして蓋の役割を担うクリームや乳液をしっかりと塗布してあげます。さらに、お肌が弱っているとちょっとした刺激にも反応してしまいますので、刺激が少なく、なおかつお肌に潤いとハリを与えてくれる成分が配合されている基礎化粧品を使ってお手入れをすることが大切です。