日光で顔がかゆくなる

MENU

日光で肌がかゆくなる方へ

■日光で顔がかゆくなることがある!?

 

人間が元気でいられるのは、日光に浴びているからというのもひとつの理由です。

 

しかしながら、この日光が肌トラブルをもたらす存在であることも事実です。顔がかゆい、ヒリヒリする、化粧水がしみるといった症状は、日差しが強くなって降り注ぐ紫外線の量が多くなると増えてくる症状のひとつです。

 

目に見えない紫外線は、お肌に悪影響を及ぼしてしまうため、しっかりと対策を講じることが大切です。

 

■紫外線アレルギーかも…

 

日差しが強くなる季節になるにつれて、肌トラブルが増えるという方は、紫外線アレルギーの可能性を否定することができません。

 

紫外線は悪いことばかりではないのですが、お肌のバリア機能や新陳代謝が低下していることが原因で、紫外線を浴びることで肌トラブルに見舞われてしまうのです。

 

日焼け止めをぬったり、夏でも薄手の上着を着用するなど、紫外線を避けることは当然ですが、それと同時に肌のバリア機能を高め、少しでも影響を少なくすることが大切です。

 

■紫外線に強いお肌づくり

 

紫外線を浴びずに生きることは、かなり難しいことです。

 

ですから、上記でも述べたように、紫外線の影響を受けにくい、健康なお肌づくりをしていくことが大切です。

 

お肌のバリア機能を高めるために、保湿と保水をしっかりと行える基礎化粧品を使うこと、化粧水は2〜3回に分けてたくさんつけること、お肌に与えた水分が逃げないように、乳液やクリームをつけてしっかりと蓋をしてあげることで、日光が強くなる時期になっても、肌トラブルに見舞われることが少なくなります。

 

肌を強くする成分として特に有効なのがセラミド。

 

肌の表面にある角質層にセラミドを十分に行き渡らせることで、肌を外部の刺激から守ることができます。

 

まずはセラミドを配合している基礎化粧品のトライアルセット等で肌に合う化粧水を選んでみてください。

 

【関連記事】

 

肌の保湿バランスを整え肌を強くする基礎化粧品ランキングはコチラ