産後 顔がかゆくなる

MENU

産後に顔がかゆくなってお困りの方へ

■妊娠中からお肌の状態は変わってくる

 

産後や授乳中に限らず、妊娠をきっかけに肌トラブルが増えてきます。なぜかというと、妊娠をきっかけにホルモンのバランスが乱れてしまうからです。

 

生理前になるとニキビができやすくなったり、お肌の状態が変化するのと同じことです。

 

妊娠することはとても喜ばしいことですが、今までとはお肌の状態が変わってきますので、その時々の状態に合わせてお手入れを行うことが大切になります。

産後や授乳中に多く見られるお肌のトラブル

産後や授乳中に多く見られる肌トラブルの中に、乾燥があります。ホルモンのバランスが乱れてしまうことで、外的な刺激を受けやすくなってしまうためです。

 

乾燥することで、化粧水がしみたりヒリヒリしたり、かゆみなどを引き起こすこともあります。

 

放っておくと赤みを帯びて、湿疹ができてしまうこともあるため、注意が必要です。

産後や授乳中に適したお手入れ

産後は赤ちゃん中心の生活になるため、なかなかスキンケアに時間をかけられないという場合もあります。

 

でも、産後のような肌が揺らぎやすい時にお手入れをしないと、余計に肌が乾燥してしまい、顔がかゆくなっているのを助長させてしまいますので、朝と夜はしっかりとお手入れをするようにしてください。

 

どうしても、化粧水、乳液、クリームなど、たくさん使うのは無理という方は、オールインワンゲルを利用するのも一つの手です。

 

忙しい朝だけオールインワンゲルというのも有効です。

 

産後や授乳中に基礎化粧品を変える方は、肌質が変わりやすい時期ですので敏感肌向けのものや肌を優しく修復する働きがあるものを選んでください。

 

授乳が終わったときにきれいなママでいるためにもスキンケアと日焼け止めだけは忙しくても欠かさないようにしましょう。

 

本サイトでは、以下のページにて、肌に優しく、肌質を強くする基礎化粧品をご紹介していますので、良かったら参考にしてみてください。

 

顔の痒みを改善する基礎化粧品|オススメランキングはコチラ