顔がかゆい 馬油

MENU

顔がかゆい方へ|馬油の効果的な利用方法について

■馬油が注目されるわけ

 

馬油(ワセリン)をスキンケアに取り入れるといいと言われています。

 

理由で一番大きいのは、馬油は人間の皮脂に近い構造をしているからです。不飽和脂肪酸が豊富に含まれているため、角質層への浸透力が高く、人の肌に馴染みやすいのです。

 

水分の蒸発を防いで、お肌の潤いを維持してくれるという嬉しい効果があります。

 

■馬油の主な効果と期待できること

 

馬油は、保湿力に優れていて角質層への浸透力が高いという嬉しい効果の他にも、お肌が本来持っている油分のバランスを整える効果も期待されています。

 

つまり、お肌を健やかに保つことができる適度な皮脂の量を保つことができるため、トラブルのない肌作りに一役買ってくれるというわけです。

 

化粧品を使うとお肌がヒリヒリしてしまう人も安心して使えることや、エイジングケアが期待できる成分も含まれているのではないかということで、近年さらに注目度が高まっているのです。

 

■馬油の正しい使い方

 

馬油は使う場所を問わず、全身に利用できるというメリットがあります。

 

顔がかゆい、ヒリヒリする、乾燥してきたと感じるような時は、化粧水をたっぷり塗布したあと、水分を逃がさないように蓋の役割として馬油を使ってあげると良いでしょう。

 

馬油は、肌をカバーして守る効果はあるのですが、潤す効果はないので、セラミドなどの保湿力が高い成分を配合した化粧水で先に水分を与えておく事がポイントになります。

 

少量を顔全体に伸ばすようにして使えば、油っぽさもあまり感じずに済みます。

 

量としては、米粒1粒くらいのごく少量がベストです。これだけの量で顔全体を保湿することができる力を、馬油は持っているのです。

 

上手に活用することで、トラブル知らずの健やかなお肌へと導くことができます。

 

まずは保湿から|浸透力が高く肌の奥まで潤す基礎化粧品はコチラ